低価格競争の行方

大抵の人は、買い物をする際には
価格が高いか安いか見比べ、より安い方を選びがちだと思います。

一度低価格に慣れてしまうと、値上げにはなかなか賛同できない。
これは人の持つ自然な心理かと思うのですが、
値下げ競争に突入する企業には様々な問題が発生すると思います。

合理化を図ってもやがてはできる事がなくなり、結局はそのしわ寄せは現場に。
マックやユニクロがその良い例ではないでしょうか。

会社としては月の就業時間に上限を設ける、破れば罰則がある。
かといって人員の削られた現場では、やる事が山積み、結局サービス残業をせざるを得ない。
そのサービス残業も禁止されるとなれば…板ばさみに悩まされることになります。

当然、会社はその解決策までは関知せず。
アベノミクスで景気回復とは言っても、その実情は相変わらず厳しいままという印象があります。
低価格路線が続く限りは、抜け出すに抜け出せないトンネルに入り込んだままという感じがします。

 

友人のファッションブログ

昨日は昔の仲間と食事をしてきました。
あまり詳しくないので覚えてないんですけど、なんちゃらホテルのブュッフェです。

まあ慣れない雰囲気ではあったんですけど、
仲間がいるからそんなの忘れて楽しむことができました。
やはり古い仲間っていいですよね。

で、その仲間の中に結婚した夫婦がいるんですけど、
奥さんのほうがけっこうファッションが好きでブログをやってるとのこと。

なので、こちらで紹介しておこうと思います。
よかったら訪問してみてくださいね。

おすすめアイテムでキレイをGET
http://beautyfashion37.com/

ファッションが中心のブログですが、他にも健康関連やら美容関連やら、
女性が見たら楽しめそうな内容になっているようです。
私が見てもなんだかよくわからないんですけどね。
しかも、毎日更新しているみたいだからマメだなって思います。

あまり自分はファッションに関しては無頓着なほうなんですが、
少しは彼女を見習って、気にするようにしようかな。
なにげにやってみたら楽しいかもしれないしね。

まあ話はブログになってしまいましたが、
ホテルでの食事はおおいに盛り上がり、その後はまた違う友人の家に
みんなで行って盛り上がり、最後はなぜかボーリングでしめました。

久しぶりにずいぶん遊んだな~って感じ。
良いストレス発散になった気がします。

はじめてのスイートルーム

先日産まれてはじめてスイートルームを体験してきました。
知人から某リゾートホテルの会員権を利用して一泊しないかとお誘いがあったのでテンションMAXで行ってきました。

フロントから案内されてついてく時「これより先スーパースイートルーム利用者のみ通行可能」の看板にドキドキ。廊下も綺麗な絨毯にかわり部屋に入室。広さにア然としました。

その上非日常空間で過ごし方がわからずソワソワ。無駄にお風呂を沸かしてジャグジーにはいり、しばらくしてからまたジャグジーにはいりと完全に子供と化した中年。出された料理に興奮。

しかしコース料理なのでテーブルマナーもなにもわからず周りを見よう見まね食べる。美味し料理だけど庶民の私にはボリュームが…と思いきや少しずつ時間をかけて出されて食べると思いのほか満腹になるんですね。

ベッドもソファも普段とは違う心地よさに夢のような時間を過ごせました。
今度ここに来る時は自分の力で来てやると思いもその日はいつくるのか?いや一生こないかもしれない。そんなことを考えながら日常にもどってまいりました。

カフェコロンは飲んでもいいのか

ひょんなことから変わった使い方をするコーヒーを見つけた。
カフェコロンというコーヒーです。

どうやら腸内洗浄をするためのコーヒーのようなんですよね。
普通はぬるま湯とかでやるものだって思ってたんですけど、
コーヒーエネマと呼ばれるものがあって、専用のコーヒーを薄めて使うんだそうです。

腸内洗浄の存在を知らなかった人は、そもそもそれ自体がショッキングかもしれないけど、
私は以前から知っているのでスルーするとして、興味があったのは
このコーヒーって飲んでもいいのかってこと(笑)

どうやら腸内に良いものが配合されているようなので、
口から飲んだとしても健康に良いのかとは思うけど、
お尻から入れる用のコーヒーを口から飲むのって抵抗がありますよね。

カフェコロンの販売店のサイトをチェックしてみたら、
どうやら飲むためのカフェブロッサムというのが別に販売されているので、
もしかしたら、カフェコロンは飲む用としてはイマイチなのかもしれません。
別に体に悪いということはなさそうですけど。

なんてことを考えながら、よくよくいろんなサイトを見ていたら、
カフェコロンを飲み始めたら良かったです。。みたいな感想を発見。

この人、本来の用途を知っていて飲んでみたのか、
それとも知っていて、あえて口から飲んだのかという部分が気になってしまった。
まあこれは調べようがないので諦めるが、
今日も無駄な興味で時間を使ってしまったな~と自己嫌悪になる今日の自分でした。

価格と量

本が昔から好きで、しばらくの間お小遣いの関係で買うことができなかったのですが、
Amazonギフト券をゲットできるアプリで少しづつためては、このところ購入しています。

ギフト券って、こまめにアプリをチェックしていれば、かなりたまるものなんですよね。
で、その恩恵を受けてということで好きな本を買うわけです。

そこで思うのは、昔と比べると活字が大きく、ページは少なくと、
なんだか値段の割には損しているような気になります。
出版不況で、少しでも読みやすくするため、ということは聞いたことはありますが。

驚いたのは、字の下にわざわざ線が引いてあるものもありました。
そこまでのサービスが必要なほど、売れない状況なのでしょうかね。
自分としては、みっちりぎっしりと活字で埋まった本が好きなので、なんとも残念でなりません。

余談ですが、お弁当だとかパンなども、値段と量のバランスをついみてしまいます。
とても美味しくても量が少ない、よりは味はそこそこでも量が多いものを選びがちです。
かといって、本に関しては、たとえ薄くても字が大きくても、内容がよければ迷わず買いたいと思います。