羨ましい友人の日記

先日の古くからの友人のブログを読んでいたら羨ましくなった。
それがこの日記。(もちろん掲載することを友人は許可済み)

———————————————————
フランスのパリ郊外に住んでいます。
久々に子どもを預けて、夫婦二人で食事に行こうと、出かけました。

車の中で「何が食べたいか」をお互い案をだし、
『新しくできた高級バーガーのお店に行ってみたい』というわたしと
『久しぶりに寿司が食べたい』という夫と意見が分かれました。

幸いその2件はすぐ近くにあるので、バーガーショップをちらっとのぞいて、
おいしそうなら入ろう、そうでなければ寿司屋、(というよりジャパニーズレストラン)にしよう、ということになりました。

バーガーショップの前を通ったら、どうやら満席でちょっと待たなければならない様子でした。
ふたりともおなかがすいていたので、『仕方がないか』と後ろ髪引かれつつ日本食レストランに向かいました。

わたしはあんまりお寿司の気分ではなかったので、お寿司は2?4貫で、あとは天ぷらでも…
なんて思ってお店の外に出された看板を見ると…

『握りずし2貫6ユーロ』え!高い!『エビのてんぷら18ユーロ』
えー!これじゃあ、家で作って食べた方が心置きなく食べられるね。
という結果になり、またまた踵を返したのでした。

たしかに外国で日本料理が高くなるのはわかるんですが、
大概のレストランは日本人の料理人が作ってるわけでもないし(ほとんど中国人)、
握りずしと焼き鳥が一緒に出てきたりするし、最初にお味噌汁が出てきたり、
突っ込みどころ満載なのに、この値段?もうちょっと勉強してくださいよ。と思わざるを得ません。

結局バーガーショップは満席だったものの、すんなり席が空いておなかを満たすことができました。
フライドポテトは今一つだったけど、何年かぶりのバドワイザーとハンバーガーをおいしくいただきました。
——————————————————–

文章にあるとおり、友人は今パリの郊外に住んでいます。
もう何年たつんだろうか。たぶん10年くらいは会っていないような気がするが、
なんだかんだでメールとか電話とかで連絡は取り合っている。

こんなに長い間会っていなくても、最近はメールとかブログとかで
近況報告とかできるから、なんか長い間会ってないような気がしないですね。

私も将来は外国で過ごしたいなって思っているので、(永住する気はないけど)
こんな友人の日記を見ると、本当に羨ましく思います。

来年始めに帰国するようなので、久しぶりに会うことができそう。
今から楽しみです。