榎木孝明さんの30日間不食の件

少し前に榎木孝明さんが30日間を水だけで過ごしたということで話題になってました。普通の感覚だと信じられないようなことなんですが、少しもお腹が減るという感覚がなかったとのこと。で、元気がなくなるどころか、むしろそれまでよりも元気で疲れにくくなったそうなんです。

私は断食には興味があり、たまに2日間程度やってみたりはするんですけど、さすがに空腹感がないとは言えませんね。それに30日は長すぎるし、生きていける自身はないです(笑)一生に1回くらいはやってみると、大きな経験にはなるんでしょうけど、そんな勇気ないですね。

ただ、1つだけ秘密があるようで、どうもプラーナと呼ばれる大気中にたくさんある気を毎日体内に取り込むことをするんだそうです。空間にはたくさんのエネルギーがあるので、それを食べるイメージをすることで、実際に体がエネルギーで満たされて、食べなくても十分という状態になるんだとか。

正直、最近は胃腸が弱ってきているので、できるだけ食べないで過ごしたいって考えているんですよね。食べると疲れてしまいますし、何もやる気になれなくなってしまうのが嫌なんです。かと言ってお腹は空きますので、我慢しきれずに普通に食べてしまい、疲れて何もやる気になれないという繰り返し。

なので、そろそろこの流れを変えていきたいので、少し長めに断食をしたいなと考えているところです。もちろん、長期間の断食は危険を伴いますので、それなりの人についてもらってやろうかと考えています。断食合宿みたいのもあるみたいだから、それに参加するのもいいですね。

ということで、近日中に4~5日程度の断食を実行予定。
あくまで近日中ということで、いつになるかは分かりません(笑)

家のそばに猫がいました

外を歩いていて猫を見つけるとなんだか嬉しい気持ちになります。野良猫でも飼い猫でもどちらも可愛らしいので大歓迎なのですが、最近は野良猫を見る機会が増えたように思います。野良猫がたくさんいるというのは実際にはあまり良い事ではないのかもしれませんが、私がしゃがむと喉を鳴らしながら寄ってきてくれたりと、猫を見かけると疲れた心と体が一気に癒されるような気がします。

黒猫が目の前を横切ると不吉なことが起こるという話もありますが、黒猫を見ても不吉な事が起こるどころか心が癒されているわけですしどんどん現れて欲しいものです。餌をあげたりおやつをあげたりしたいという気持ちもあるのですが、そこはやはりぐっと我慢して撫でたりするだけで我慢するようにしています。とても可愛らしい猫たちは心も体も癒してくれますし、是非素敵な家族に巡り合ってほしいものです。