肝臓の病気から体を守るためのポイント


肝臓の健康を保つために一番大切なのはお酒をほどほどにしておくことで、毎日ビールの中瓶1本以上飲んでいるとアルコール性肝疾患のリスクが上昇します。とくに女性は男性に比べるとアルコールに弱いので注意が必要です。

また男女ともに気をつけておきたいのは肝炎です。これはウイルスによって引き起こされることが多いので、肝臓を健康に気をつけていても飲酒とは全く関係のない性交渉で感染することがあります。予防のためにはアルコールや食生活だけでなく、不特定多数の相手との性交渉のときにはコンドームを装着するなどの対処が必要です。

肝臓にとって健康的な食生活とはアルコールや脂肪の摂取を控えるだけでなく、糖質の量にも左右されます。とくに食物繊維の量が少ない食事を続けていると血糖値と中性脂肪値が上昇するので胆石のリスクを上昇させてしまいます。

また体重が増えると内臓脂肪の代謝などが頻繁に行われるので胆石のリスクを上昇させてしまいます。さらに肥満の人が急激に痩せようとすると脂肪の代謝が急激に増えるために胆石ができやすくなるので計画的に少しずつダイエットしなければなりません。

肝臓は血液の循環によって機能しているので常に体を動かしていると毒素の分解もスムーズに行われます。しかしデスクワークなどのように毎日座りがちな生活をしていると肝臓の機能が低下するために胆石が作られやすくなります。

肝臓の病気で一番多いとされているのはアルコール性肝疾患で、これは生活習慣を改善することで防ぐことができます。日本人の場合はアルコールを分解する酵素を生まれつき持っていない人の割合が多いので、アルコールのとり過ぎで肝臓を悪くする人が増えています。

またお酒に強い体質の人はたくさん飲む傾向があるので、アルコール依存症になる割合が多く、アルコール依存症が引き金となって肝硬変などの重い肝臓病になります。とくに女性でアルコールに強い体質の人は依存症になりやすいとされているので注意が必要です。

ということでいろいろ書いてみましたが、最後に日頃から必要な栄養素をしっかり摂取することも重要です。肝臓に負担をかけるということはそれなりに体内の栄養素を使用するということ。それが足りなくなれば、さまざまな臓器に負担をかけるわけです。

栄養素を摂るためにおすすめしたいのが牡蠣サプリメント。牡蠣はさまざまな栄養素を豊富に含んでおり、完全栄養食と言われているくらいです。毎日サプリメントで摂ることで、安定的に十分な栄養を摂ることができるでしょう。