肝臓が回復

2回前の更新で肝機能が改善したってことを書きましたが、最近本格的に改善してきたようです。というのも、かなり体力が増したなって思えるからなんです。何もやってないんですよ。運動とか。それなのに体力がかなりついたように思えるのは、完全に肝臓の機能が回復し、以前の体力が戻ったってことなのかと思います。

やはり元気なのはいいですね。肝機能が低下していた頃は何をやってもすぐに疲れるし、疲れてしまうとそれがなかなか取れなくて、何をするにも億劫だったんですよね。それが今は体力が持つのでいろんな活動を精力的にできるようになっています。やはりこれじゃなきゃいけません。健康だと人生が何倍も楽しくなりますよね。

今回はとても良い経験をしましたよ。不健康を感じたあとに健康を感じることで、すごく健康の大事さが体感できた。風邪をひいたときも同じようなことを思ったりもしたけど、あれは風邪で一時的なものって分かってるので、ちょっと違うんですよね。継続的に微妙に不健康で不便だったおかげで、今の健康を満喫できてるって感じです。これからは健康を大切にして過ごしていきたいと思います。

糟糠の妻

今この言葉ってどれぐらいの人がわかるでしょうか…?

【糟糠の妻】
粗末なものしか食べられない貧しい時期を共に過ごした妻
~語源由来辞典より~

この糟糠の妻が捨てられてしまうケースが、
とりわけ芸能界で多いですよね。
ミュージシャンとかお笑いとか。

売れてしまうことで生活環境がガラッと変わってしまい、
今まで見えなかったキラキラしたものが目に飛び込んできてしまうんですかね?

それに言い寄ってくる人も沢山いるのでしょうね。
今までだったらこっちから声をかけても目に留めてすらもらえなかったような人が、
向こうから飛び込んでくるわけですからね。

余程の強い自制心を持っていない限り、
色々と心はかき乱されるでしょう。

人間なんて性悪説から考えれば欲の塊ですからね。
仕方ないのかな…と思う部分もあります。

だからって許されることではないとも思いますがね。
倫理的には。

もし「若い綺麗な子に乗り換えたい」という単細胞すぎる理由なら、
その人は永遠に同じことを繰り返すのでしょうね。
自分は歳を取っていくことを棚に上げて…

大抵こういう話の場合男性有名人がターゲットになりますが、
女性有名人でも同じようなことはあるのですかね?
糟糠の夫みたいな話は。

あまりというか全く耳にしたことがないというぐらい、
話を聞きません。

やはり「妻が売れる」までという感じの亭主は、
そうそういないからでしょうか。

糟糠の妻は大事にした方がいいです。
もっとも筆者の場合、ン十年経っても未だに糟糠の妻にさせたままなんですが、
筆者はどう頑張ればよいのでしょう?(笑)

自動車保険の更新

自動車保険の更新手続きを行いました。
今回の更新でとうとう等級は最高の20等級。
約60%の割引率の等級です。

ここまでなんとか無事故で過ごしてきたのですが、
それでも、この等級になるのに14年かかった計算になります。長かったです。

今のところ、事故などで自動車保険を使ったことはないのですが、
無料で付帯されているロードサービスなら使ったことがあります。

まあよく聞く話ですが、室内灯をつけっぱなしにして、
バッテリーが上がってしまったんですよね。
早朝に出かけようとしたらエンジンがかからなくて焦りました。

でも、ロードサービスを呼んだら、20分ほどで来てくれて、
ジャンピング作業でエンジンがすぐにかかりましたので助かりました。
このロードサービスって無料なうえに等級にも影響しないので
すごく助かるサービスだなって思いましたよ。

あと、そういうことにはなりたくないんですけど、
脱輪してしまったり、キーの閉じ込めやガス欠のときにもロードサービスは使えるんですよね。
事故のときの車の搬送もできるし、トラブルの際はかなり役に立つものだと思います。

ちなみに、このロードサービスの存在を知らない人って、結構いるみたいです。
出先で車の故障などのトラブルに見舞われたときに、それを知らずに途方にくれる人も多いとか。

かなり使えるサービスですからね。
自動車保険に加入している人は、その存在をしっかり覚えておいたほうがいいと思いますよ。

ランニングを定期的に行ったことで健康改善

私はマラソンが趣味です。昔は野球をしていたのですが、社会人になって忙しくなったことで最近はめっきりしなくなりました。体も昔のように動かなくなってきたということで、残念ながらあまりしたいとも思いません。ですが、マラソンは違います。休日や平日でも夜中に走っている人をよく見かけますが、そういった人の中には自分よりも年を召された方々がたくさんいます。自分のペースで行えるのも良いということで、好きな運動をすること、そして健康のことを考えて始めました。

ですが、健康に役に立ってくれたのはマラソンではありませんでした。役に立ってくれたのは、走る前に行っているストレッチでした。野球をしていた頃、ストレッチをしなかったがために体を故障してしまうことがありました。以来、運動前にはストレッチを入念に行うようになったのですが、運動がない日まではしていませんでした。そのため、気付かなかったのですが、ストレッチの効果はすごいものがありました。

パソコンを使っての作業が多いため、慢性的な肩こりに悩んでいた私は自宅にあるマッサージ器で毎日のように肩をマッサージしていました。ですが、マラソンを始め、毎日ストレッチを行うようになって以来肩コリが改善され、マッサージ器を使う頻度が減っていきました。最初は、「マラソンの効果かな?」と思いました。もちろん運動を始めたことで血行が良くなり、そのような効果もあったのだとは思いますが、それ以上にストレッチを入念に行っていたことが肩コリ解消につながったのだと思います。以来、雨の日や仕事が忙しい時期でマラソンができないという時期でも、ストレッチだけは行うようになりました。

コリは無理をし続けることで生まれるものです。なので、それを解消するためのストレッチも、1回2回ではなく続けて行っていく必要があると言えます。ストレッチに限った話ではありませんが、何でも定期的・継続的に行っていくことが健康につながるのだと、今回のことから教えられた気がしました。

低価格競争の行方

大抵の人は、買い物をする際には
価格が高いか安いか見比べ、より安い方を選びがちだと思います。

一度低価格に慣れてしまうと、値上げにはなかなか賛同できない。
これは人の持つ自然な心理かと思うのですが、
値下げ競争に突入する企業には様々な問題が発生すると思います。

合理化を図ってもやがてはできる事がなくなり、結局はそのしわ寄せは現場に。
マックやユニクロがその良い例ではないでしょうか。

会社としては月の就業時間に上限を設ける、破れば罰則がある。
かといって人員の削られた現場では、やる事が山積み、結局サービス残業をせざるを得ない。
そのサービス残業も禁止されるとなれば…板ばさみに悩まされることになります。

当然、会社はその解決策までは関知せず。
アベノミクスで景気回復とは言っても、その実情は相変わらず厳しいままという印象があります。
低価格路線が続く限りは、抜け出すに抜け出せないトンネルに入り込んだままという感じがします。

 

友人のファッションブログ

昨日は昔の仲間と食事をしてきました。
あまり詳しくないので覚えてないんですけど、なんちゃらホテルのブュッフェです。

まあ慣れない雰囲気ではあったんですけど、
仲間がいるからそんなの忘れて楽しむことができました。
やはり古い仲間っていいですよね。

で、その仲間の中に結婚した夫婦がいるんですけど、
奥さんのほうがけっこうファッションが好きでブログをやってるとのこと。

なので、こちらで紹介しておこうと思います。
よかったら訪問してみてくださいね。

おすすめアイテムでキレイをGET
http://beautyfashion37.com/

ファッションが中心のブログですが、他にも健康関連やら美容関連やら、
女性が見たら楽しめそうな内容になっているようです。
私が見てもなんだかよくわからないんですけどね。
しかも、毎日更新しているみたいだからマメだなって思います。

あまり自分はファッションに関しては無頓着なほうなんですが、
少しは彼女を見習って、気にするようにしようかな。
なにげにやってみたら楽しいかもしれないしね。

まあ話はブログになってしまいましたが、
ホテルでの食事はおおいに盛り上がり、その後はまた違う友人の家に
みんなで行って盛り上がり、最後はなぜかボーリングでしめました。

久しぶりにずいぶん遊んだな~って感じ。
良いストレス発散になった気がします。

はじめてのスイートルーム

先日産まれてはじめてスイートルームを体験してきました。
知人から某リゾートホテルの会員権を利用して一泊しないかとお誘いがあったのでテンションMAXで行ってきました。

フロントから案内されてついてく時「これより先スーパースイートルーム利用者のみ通行可能」の看板にドキドキ。廊下も綺麗な絨毯にかわり部屋に入室。広さにア然としました。

その上非日常空間で過ごし方がわからずソワソワ。無駄にお風呂を沸かしてジャグジーにはいり、しばらくしてからまたジャグジーにはいりと完全に子供と化した中年。出された料理に興奮。

しかしコース料理なのでテーブルマナーもなにもわからず周りを見よう見まね食べる。美味し料理だけど庶民の私にはボリュームが…と思いきや少しずつ時間をかけて出されて食べると思いのほか満腹になるんですね。

ベッドもソファも普段とは違う心地よさに夢のような時間を過ごせました。
今度ここに来る時は自分の力で来てやると思いもその日はいつくるのか?いや一生こないかもしれない。そんなことを考えながら日常にもどってまいりました。

カフェコロンは飲んでもいいのか

ひょんなことから変わった使い方をするコーヒーを見つけた。
カフェコロンというコーヒーです。

どうやら腸内洗浄をするためのコーヒーのようなんですよね。
普通はぬるま湯とかでやるものだって思ってたんですけど、
コーヒーエネマと呼ばれるものがあって、専用のコーヒーを薄めて使うんだそうです。

腸内洗浄の存在を知らなかった人は、そもそもそれ自体がショッキングかもしれないけど、
私は以前から知っているのでスルーするとして、興味があったのは
このコーヒーって飲んでもいいのかってこと(笑)

どうやら腸内に良いものが配合されているようなので、
口から飲んだとしても健康に良いのかとは思うけど、
お尻から入れる用のコーヒーを口から飲むのって抵抗がありますよね。

カフェコロンの販売店のサイトをチェックしてみたら、
どうやら飲むためのカフェブロッサムというのが別に販売されているので、
もしかしたら、カフェコロンは飲む用としてはイマイチなのかもしれません。
別に体に悪いということはなさそうですけど。

なんてことを考えながら、よくよくいろんなサイトを見ていたら、
カフェコロンを飲み始めたら良かったです。。みたいな感想を発見。

この人、本来の用途を知っていて飲んでみたのか、
それとも知っていて、あえて口から飲んだのかという部分が気になってしまった。
まあこれは調べようがないので諦めるが、
今日も無駄な興味で時間を使ってしまったな~と自己嫌悪になる今日の自分でした。

価格と量

本が昔から好きで、しばらくの間お小遣いの関係で買うことができなかったのですが、
Amazonギフト券をゲットできるアプリで少しづつためては、このところ購入しています。

ギフト券って、こまめにアプリをチェックしていれば、かなりたまるものなんですよね。
で、その恩恵を受けてということで好きな本を買うわけです。

そこで思うのは、昔と比べると活字が大きく、ページは少なくと、
なんだか値段の割には損しているような気になります。
出版不況で、少しでも読みやすくするため、ということは聞いたことはありますが。

驚いたのは、字の下にわざわざ線が引いてあるものもありました。
そこまでのサービスが必要なほど、売れない状況なのでしょうかね。
自分としては、みっちりぎっしりと活字で埋まった本が好きなので、なんとも残念でなりません。

余談ですが、お弁当だとかパンなども、値段と量のバランスをついみてしまいます。
とても美味しくても量が少ない、よりは味はそこそこでも量が多いものを選びがちです。
かといって、本に関しては、たとえ薄くても字が大きくても、内容がよければ迷わず買いたいと思います。

風邪の予防にウガイは大事

私が今までやってきたことの中で、
効果があったと思えるものの1つにウガイがあります。

外出して帰ってきたときがいいのかと思いますが、
私の場合、ウガイをするタイミングは気がついたときだけ。
それまで歯を磨いたときしかウガイはしなかったのですが、
これにより、それ以外に2~3回はウガイをするようになりました。

で、それをやりだした後は、あきらかに風邪をひくことが減ったんですよね。
たしか、やりだしてから1年間は1回もひかなかったと思う。
それまではたぶん年に2回~3回はひいてましたからね。これは大きいです。

けっこうウガイってどこでも言われている健康管理上の基本なんですけど、
なにげに当たり前すぎて、やってる人が少ないみたいです。
でも、さすがに基本というだけあって、その効果は絶大。
なにごとも基本が重要なんだということを改めて認識しましたよ。